euro-163475_1280

借金のことなら過払いで解決

利息制限法が施行され、法定金利の計算見直しによる元本と利息はすでに完済しているにも拘らず、返済しないといけない場合、それでも返済を続けている方がおられます。実際ならばとっくに払い終わっているのに、払いすぎてしまっているときは、アコムの過払い金として請求することが可能です。

過払いは何度も言うとおりに、利息制限法に定められた上限利率を越える利息支払いで起きます。ですから本来は払う必要が無かったのに、払っていることが、招待とも言えます。そもそもこうしたことが起きる原因とは何でしょうか。過払いは利息制限法と出資法の二つに法律があります。利息制限法によって、限度額を超えれば支払い100万円以上15%、10万円以上100万円未満で18%、10万円未満で20%は無効であるとされていますが、これは利息制限法には罰則が無いんです。

金融業者は出資法年率29.2%の限度額を金利として作用していることがあり、出資法の限度額を超える誠意急については罰則が科せられるんです。つまり法律のグレーゾーンと呼ばれる方法で、過払いというのは発生してしまうんです。金額について、自身で出すのは難しいことかもしれません。同じ取引期間、債務残高があったとしても、借り方や返し方などが分からないので、整理するにはやはり専門的な関係者にお願いすることが好ましいでしょう。

弁護士、司法書士の方に相談しても費用が気になるのであれば、まずは無料の相談センターなどにアドバイスを頂くといいでしょう。

three_golden_bricks_198461

利息の過払いについて

借金は期日を守って返済しておけば何も問題ないと思ってる人もいますが、違います。

確かに期日を守って返済することは借金において必要不可欠なことですが、他にも注意すべきことがあるのです。

それは、利息の払い過ぎがないかをチェックすることです。 Continue reading “利息の過払いについて”